BBS(Berg Balance Scale)

目的

  • 転倒のリスクなどを調べるためのバランス検査である。
  • 1項目につき0~4点の5段階で評価し、合計点を算出する(56点満点)

判定基準

  • 合計点が45点以下は転倒のリスクが高い。
  • 最小可検変化量は、施設入居高齢者では8点、慢性期脳卒中患者では4.6点、パーキンソン病患者では5点である。

対象疾患

  • バランスに障害が認められる疾患
  • 高齢者

その他

  • FBS(Functional Balance Scale)とも呼ばれる。

評価用具

  • 評価用紙
  • ペン(評価者用)
  • メジャー
  • ストップウォッチ
  • 椅子
  • ベッド
  • 足台

参考動画

参考図書・参考サイト

https://rehaplan.jp/articles/373

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

tanuki(タヌキ) 2年目の理学療法士です! 日々、精進をして少しずつ知識を蓄えていきたいと思っています。 皆さんから意見をもらい一緒にPTとして成長できるブログ作成を目指してます。